イメージ画像

労働保険事務組合

労働保険の事務処理を行う

労働保険事務組合とは、「事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務を処理することについて、厚生労働大臣の認可を受けた中小事業主等の団体」とされています。

労働保険事務組合の業務は次の通りです。
(1) 概算保険料、確定保険料などの申告及び納付に関する事務
(2) 保険関係成立届、任意加入の申請、雇用保険の事業所設置届の提出等に関する事務
(3) 労災保険の特別加入の申請等に関する事務
(4) 雇用保険の被保険者に関する届出等の事務
(5) その他労働保険についての申請、届出、報告に関する事務

なお、地域ごとに「組合が行うことのできる業務の範囲」が定められているので、加入する前に確認しておくことが望ましいでしょう。

政府労災のうち、中小事業主、一人親方などが利用できる「特別加入制度」は、労働保険事務組合を通して手続きを行わなければなりません

上記のような事務処理を労働保険事務組合に委託することができるかどうかは、常時使用する労働者の数が、次の条件を満たしているかどうかで変わります。
・ 金融・保険・不動産・小売業の場合は50人以下
・ 卸売の事業・サービス業の場合は100人以下
・ その他の事業では300人以下

労働保険事務組合に加入するには、入会金・業務委託手数料がかかりますが、事務処理を任せることができるというメリットもありますし、なんといっても政府労災の特別加入制度を利用できるという点は、何物にも代えがたいメリットです。

特別加入をしていれば、病気・怪我などを負ってしまった場合に、療養給付・療養補償給付が受けられるのは、非常に大きな点ですので、早めの加入を検討しましょう。

« 熱中症への補償は? | ホーム | 労働者災害補償保険法 »

このページの先頭へ