イメージ画像

労働災害

業務中・通勤中の災害

労働災害とは、労働者が業務中に、負傷(怪我)、疾病(病気)、障害、死亡する災害のことを指す言葉です。

なお、労働者は「通勤」をすることが不可欠となり、労働と通勤という行為は切っても切れない関係にあることから、政府労災は通勤中の災害も補償の対象としています。

業務災害であるか否かの認定には、次の2つの点がポイントとなります。
●「業務に内在する危険有害性が現実化した」と認められること(業務起因性)
●業務起因性の前提として「労働者が使用者の支配下にあったこと」が認められること(業務遂行性)

業務遂行性が認められる場合とは、次のようなものが考えられます。
●作業中(事業主の私用を手伝う場合を含む)
●生理的行為(用便、飲水等)による作業中断中
●作業に関連・附随する行為、作業の準備・後始末・待機中
●緊急事態・火災等に際しての緊急行為中
●事業施設内での休憩中
●出張中(住居と出張先の往復を含む)
●通勤途上や競技会等への参加中であっても、業務の性質が認められるとき

ただし、懇親会・忘年会などは、職場の人間関係を維持する上で大切な場ではありますが、このような場で怪我を負った場合は、業務災害とは認められません

また、業務を遂行している途中で第三者による犯罪行為によりケガを負った場合には、行われた場合には、労働災害と認定されない場合がほとんどで、これは「業務起因性」が認められないためと言えるでしょう。

ただ「警備員が暴漢に襲われた」といった場合は、業務起因性が認められ、労働災害と認定されることもあります。

« 労働者災害補償保険法 | ホーム | 労災隠し »

このページの先頭へ