イメージ画像

労災隠し

労災隠しは犯罪です!

労災隠しは、厚生労働省の定義によると
故意に労働者死傷病報告を提出しないこと」又は「虚偽の内容を記載した労働者死傷病報告を所轄労働基準監督署長に提出すること」
とされています。

労災隠しは「労働安全衛生法」という法律の第100条に違反するか、又は同じ法律の第120条第5号に該当することとなり「犯罪です」!

労災隠しを行ってしまう使用者側の理由・心理などとしては、
●所轄官庁への報告届出が大変である
●メリット制による将来の保険料負担が増加する
●元請へ迷惑をかけることが嫌だ
●元請から労災隠しを押し付けられた
●企業イメージの低下を恐れる
などの点が挙げられます。

しかし、労働基準監督署の側としても、次のような対策を行って、労災隠しへの対策を強化しています。
●労働基準監督署の関係部署間で関係書類を突合するなどにより、労災隠しの事案の把握を行う
●被災労働者からの情報提供に基づき、関係書類の提出の有無を確認し、労災かくし事案の把握を行う
●監督指導時に出勤簿、作業日誌等の内容を点検し、労災かくし事案の把握を行う

そして、労災隠しが判明した場合、司法処分を含めて厳しい対処を行うという姿勢が強められています。

労働災害が起こった場合に、経済的な負担が心配かもしれませんし、企業イメージの低下も気になるかもしれません。

しかし、任意労災に加入しておくことで、迅速で誠意ある対応ができるようになりますので、企業イメージの低下なども最小限に抑えられるのです。

« 労働災害 | ホーム | 通勤災害 »

このページの先頭へ