イメージ画像

通勤災害

通勤中の災害も労災

労働者の、通勤による負傷、疾病、障害又は死亡のことを通勤災害と呼び、政府労災は労働災害だけではなく通勤災害も補償の対象としています。

というのは、労働者にとって「労働」と「通勤」という行為は切っても切れない関係にあることがほとんどで、「労働者でなければ、その通勤経路を通らず、災害に遭わなかったかもしれない」と言えるわけです。

そのため、通勤災害については「使用者に責任がある」とは言えませんが、政府労災の補償が受けられるようになっているのです。

通勤災害の範囲は、次のようなものに限定されています。

1.住居と就業場所との往復
2.厚生労働省令で定める就業の場所から他の就業の場所への移動
3.1.の往復に先行し、又は後続する住居間の移動であって所定の要件を満たすもの
(3.の例:単身赴任などをしている場合で、帰省先へ移動することに反復性・継続性が認められる場合など)

これらの移動を「合理的な経路及び方法により往復すること」を「通勤」としています。

通勤経路の途中で合理的な経路を逸脱した場合(要するに寄り道をした場合)には、その時点で「通勤」とは認められなくなります

ただし、通勤を中断した場合であっても、それが日用品の買い物を行うなどの行為で「日常生活上必要な行為で厚生労働省令に定められている行為である場合又はやむをえない事由により行うための最小限度のものである場合」に該当するなら、通勤経路に戻った後に、何らかの災害に遭った場合には、通勤災害と認められることもあります。

« 労災隠し | ホーム | 中小事業主特別加入 »

このページの先頭へ