イメージ画像

記名式・無記名式

記名式と無記名式どちらが適切?

任意労災の契約方法には大きく分けて「記名式」「無記名式」があり、万が一の事故の際に補償を受ける人の名前を名簿に一人一人登録して契約する方式、無記名式とは名前の登録をする必要がありません。

記名式の契約を行うと、たとえば建設業界などでは、現場作業員が入れ替わるたびに、名簿の書き換えを行うことが必要となります。

現場作業員の入れ替わりが激しい建設業界で、名簿を書きかえる際のミスがあって「補償のない状態で働いている」という従業員が出てしまうと大変です。

そこで、補償のつけ忘れが起こらないように、「無記名式」という契約方法が用意されているのです。

無記名式の契約を選ぶと、名前の登録をする必要がなくなります。

保険料は、人数や過去の売上高などをもとに算定されます。

人数をもとに保険料を算定するタイプには、「全員付保」「一部付保」という方法があり、作業員となりうる人の人数全てを設定する「全員付保」と、1日に稼働する最大人数をもとに設定する「一部付保」という方法があります。

稼働人数や名前などが問われない「売上高設定方式」で保険料を算定するものもあります。

貴社にとって最も良い契約方法を選ぶためには、「どのような業務を請け負っているのか」「従業員の人数や、雇用形態はどうなのか」を保険会社・代理店に正確に伝えることが大事です。

また「個人向けの生命保険等には詳しくても、企業向け保険には詳しくない」という担当者、代理店もありますので注意しましょう。

« 治ゆ | ホーム | 過労死 »

このページの先頭へ