イメージ画像

障害補償給付・障害給付

傷病が治った後に受ける給付

障害補償給付・障害給付は、傷病が「治った後」に受けるものです。

傷病補償年金・傷病年金もありますが、こちらは1年6か月しても傷病が治らない(固定化しない)ときに支給を受けられるものです。

障害補償給付・障害給付は、傷病等級に応じて、年金または一時金を受け取ることができます。

ただし、この給付を受けている人の怪我や疾病が再発した場合には、療養補償給付・療養給付を受けることになりますので、障害補償給付・障害給付はいったん打ち切られます

再び治癒(症状が固定化)したときに、その時点での等級に応じて、あらためて障害補償給付・障害給付を受け取ることができます。

さらに、実際に受け取った年金の額が、その限度額に満たない間に、受給者が死亡してしまった場合には、ご遺族が差額一時金を請求することができます。

障害補償給付・障害給付を受け取らなければならない事態というのは、労働者やその御家族にとっては大変なことです。

それだけに、労働者が実際に労災事故にあってから、このような制度を調べて知るというのは大変ですので、普段から社員の方への周知徹底を図っておく必要があるでしょう。

また「このような大変な事態なのに、企業側が誠意ある態度を見せてくれない」と社員やその御家族との関係がこじれることがあります。

任意労災に加入して、すばやく対応することができるようにしておけば、社員・その御家族との関係を良い状態に保ち、問題をスムーズに解決できることにつながるのです。

« 政府労災を知る必要性 | ホーム | 傷病補償年金・傷病年金 »

このページの先頭へ