イメージ画像

遺族補償年金・遺族年金

労働災害で亡くなったら

労働災害が原因となって、労働者が亡くなってしまった場合ご遺族には遺族補償年金・遺族年金が支給されます。

ただし、遺族補償年金・遺族年金を受けなければならない事態になると、労災認定がおりるまでに時間がかかることもあり、ご遺族への対応が遅れると、ご遺族にとって企業の印象が非常に悪くなり、感情のもつれが起こってしまうことがあります。

任意労災に加入して、すばやい対応ができるようにしておきましょう。

遺族補償年金・遺族年金は、労働者の収入によって生計を維持していた受給資格者のうち、最先順位者とされています。

優先順位は次のように定められています。
1.配偶者(妻は年齢等の要件なし。夫は60歳以上又は障害の状態にあること)
2.子(18歳の年度末までの間にあるか、障害の状態にあること)
3.父母(60歳以上又は障害の状態にあること)
4.孫(18歳の年度末までの間にあるか、障害の状態にあること)
5.祖父母(60歳以上又は障害の状態にあること)
6.兄弟姉妹(18歳の年度末までの間にあるか、60歳以上又は障害の状態にあること)
7.父母、祖父母、兄弟姉妹(55歳以上60歳未満の者で障害の状態にないもの。ただし受給権者となっても60歳に達する月までの間は支給が停止される)

遺族補償年金・遺族年金を受ける場合とは、葬祭料・葬祭給付を受け取ることができる場合でもあります。

ただし、この2つの給付は、同一人物が受けなければならないという決まりはありません。

« 介護補償給付・介護給付 | ホーム | 過労死と任意労災 »

このページの先頭へ