イメージ画像

休業補償給付・休業給付を受けるには?

休業補償給付・休業給付の請求

休業補償給付・休業給付は、業務上の負傷又は疾病による療養のため労働することができないために賃金を受けない日の第4日目から支給されます。

休業補償給付・休業給付の請求は「休業補償給付支給請求書」又は「休業給付支給請求書」を所轄の労働基準監督署長に提出することになります。

休業日が長期に渡る場合には、一か月分ずつ請求する人が多いですが、休業した全日数分を一括して請求することも制度上、可能ではあります。

また、休業補償給付・休業給付の支給を受けることになった人には、社会復帰促進等事業として、休業特別支給金が支給されることになっています。

休業補償給付・休業給付を受ける要件である「労働することができない」ということは、病気やケガを負う前の作業内容に戻ることができるか、という点ではなく「一般的にいう『働く』と言う行為ができない状態にあるか?」をもとに判断されます。

また「賃金を受けない」というのは、「賃金がゼロ」の場合も含みますし、ケガや病気によって収入が減ってしまい、それまでの平均賃金の60%未満の賃金しか受けられなくなったという場合も含みます

休業補償給付・休業給付と休業特別支給金を受けられるとはいっても、それまで得ていた収入に届くものではありません。

特に若い世代のご家庭では「それまでの賃金で、なんとか家計をやりくりしていたため、収入が少しでも減ると、途端に家計が破たんする」という可能性もあります。

使用者側としては、任意労災に加入して従業員の生活を守る姿勢を、明確にしましょう。

« 業務上疾病とは? | ホーム | 熱中症への補償は? »

このページの先頭へ