イメージ画像

工場や倉庫の火災保険を見直そう

2017年2月16日、オフィス用品の通販最大手企業である「アスクル」の物流拠点として設けられた「アスクルロジパーク首都圏」の使用済み段ボール置き場から出火し、倉庫内にあったスプレー缶などに引火したことが原因で火災は拡大、2月28日午後5時になってようやく鎮火したという出来事がありました。

工場や倉庫などで、火災等が起こった場合に備えて、火災保険に加入しておくことは重要です。

工場や倉庫では、火災が起きやすいことはもちろんですが、いったん火災が起きると消火するのには専門的な知識や技術が必要となったり、延焼なども起こりやすく、被害額が甚大になりやすいのです。

先に触れた事故でも、倉庫内にあったスプレー缶などに引火したことが、火災の拡大につながったとの報道もありましたし、各種の工場では様々な機械の劣化や破損、従業員による誤った操作や静電気などが火災を巻き起こしたり、初期消火でのミスが大惨事につながることもあります。

そして、閉鎖された空間で起こる火災は、フラッシュオーバー現象、バックドラフト現象などをきっかけとして、あっという間に燃え広がることがあります。

工場内で火災が発生し、温度が上がっていくにつれて、その熱が原因で引火しやすいものが一気に燃え上がるという現象フラッシュオーバー現象、そして火災に驚いた人がいきなり工場のドアを開けるなどして酸素が供給され、一気に炎が拡大する現象がバックドラフト現象です。

火災により、工場内にある事業用の物品が燃えてしまうことについては、火災保険に加入してカバーすることになります。

そして、工場や倉庫などを再建するまでの間に発生する人件費や税金の支払いなどに備えるためには、休業損害補償や利益保険などが重要になるでしょう。

もしも火災により、従業員がケガをしたといった場合には、任意労災保険や上乗せ労災保険などが役立ってくれるかもしれません。

工場や倉庫は、建設された時期がバラバラであれば、火災保険にも物件ごとにバラバラに加入しているというケースも多いでしょう。

しかし、複数の建物につき、まとめて火災保険の契約を結ぶことで、毎月の保険料が安くなるという可能性があります。

もちろん、火災保険に加入していない期間ができてはいけませんので、契約を結び直す時期などには慎重な検討が必要ですが、月々の保険料を抑えるとともに、事故時に相談できる窓口を統一するといった目的でも、早めに火災保険契約を整理して見直すのがよいでしょう。

« 利益保険でより幅広い安心を | ホーム | 経営上のリスクにも保険を »

このページの先頭へ