イメージ画像

保険で節税したいなら

「生命保険を活用して、節税しよう」という話を、お聞きになったことはあるでしょうか?

もしかしたら、税理士や会計士の先生から勧められたことがある、という方もいるのかもしれません。

経営者の皆さんが、労災事故やPL事故、取引先の倒産などのリスクに備えているのは
「そのような事態が起こっても、会社側が受けるダメージを最小限にしたい」
という心構えがあるからでしょう。

労災事故やPL事故、あるいは火災などがいったん起きると、現場で働く人に欠員が生じ、製品の仕上がりに影響が出ますし、事故現場を復元させることや、休業中の従業員への補償など様々な問題が降りかかります。

企業が安定した経営状態にあるときこそ、様々な経営上のリスクを洗い出して、対応しておかなければならないのです。

黒字が出たときには「節税」を考えることも重要ですね。

黒字経営を数年間にわたって見込むことができるのか、それとも一時的なヒット商品の出現などで今年度だけが黒字なのか?

今は黒字だけれど、近いうちには新製品の開発などを考えていて、試験研究費を注ぎこむといった予定があるのか?

資金繰りを考える上で、貴社の状態を把握し、今後の経営方針を決定していくことは重要です。

そして、節税の効果を得るために保険に加入する場合は、1年といった短期間で解約することは考えない方がよく、3年から5年をかけて保険料を支払い続けるという計画が必要です。

また、保険料は年払いをするのか、資金繰りのことを考えて月払いにしておくのかということも、事前に検討しなければなりません。

会社の資金繰りを管理するためには、資金繰り表を作成しましょう。

1年以内の資金繰り表は作成している経営者の方も多いでしょうが、3年先、5年先までの資金繰り表を作成しているという経営者は少なく、逆にそこまで丁寧に考えているということが、保険会社だけではなく銀行との取引でも有利に働くことになります。

資金繰り表をもとに、どの時期に資金繰りが苦しくなりやすいのか、その時点で保険契約を継続するためには、どのような対策があるかを検討しておくようにしましょう。

保険に加入する目的が「節税」であるなら、短期の資金繰りだけでなく、3年以上の期間、保険料を支払い続けられるよう、計画しましょう。

どうしても保険料を支払えなくなったときも、できるだけ保険を解約するという方向ではなく、解約しないで済むための様々な方法をうまく利用して、乗り越えるようにしましょう。

« 社員の食中毒と労災認定 | ホーム | 貴社の「労働時間」を見直しましょう »

このページの先頭へ