イメージ画像

休日の事故にまつわるリスク

夏休みや正月休み、連休などで貴社の工場や倉庫、社屋、資材置き場が無人になるときは、万が一なんらかの事故が起こっても、人的被害はないかもしれませんが、休日ならではのリスクというものがあります。

たとえば放火や盗難など、悪意のある第三者が起こす事故や、地震や土砂崩れによる建物の崩落、通行中の自動車が建物に飛び込んでしまうといった被害は、いつ起こるか分かりません。

そして、このような事故が起こり、保険からの給付を受ける可能性がある場合には、事故に気づいた段階で損害保険会社に連絡すること、そして保険会社の担当者と二人三脚で事故対応を進めることになります。

休日には、そもそも第三者が侵入していることや、火災、盗難などの被害に起こっていること自体に気づくのが遅れるため、たとえば警備会社に警備を委託している企業も多いでしょう。

しかし、警備会社が事故を発見してくれた場合でも「休日の事故の一報を誰が受けるのか?」「誰が事故対応にあたるのか?」を明確に決めていないと、混乱が拡大するだけです。

休日には、気づかれないままに火が大きくなってしまい、近隣の人が気づいてくれる段階になると、もう大きな火災に発展していて、その分だけ被害が拡大してしまうという可能性もあります。

さらに、連休や夏休み、正月休みなど、工場や社屋が無人となる日が何日も続いてしまうときは、第三者が入り込んだまま閉じ込められ、出られないでいた結果、重大な結果を招いてしまうという可能性すらあります。

許可なく侵入した第三者に、事故の責任があるのは間違いがありませんが、消防や警察への届け出を行い、現場検証を待つ必要があるなど、貴社の業務にも影響がでますし、従業員の士気にも関わってしまします。

そのためには、工場や資材置き場などの入口にはしっかりと施錠し、私有地であることを看板などで示して、容易に侵入できないようにしましょう。

工場や社屋をいつも整理整頓しておき、機械類や燃料、資材などをしっかりと固定して、簡単に崩れ落ちないようにしましょう。

火災や地震、土砂崩れなどが起こった際にも、薬品類に火がつくことや、薬品の混合による有毒ガスの発生などを防ぐことができるよう、配慮しておきましょう。

きちんと対策を行っても、休日に起こってしまう事故については、「誰が対応するのか」を明確に決めておき、いざとなったとき混乱しないようにしましょう。

余談ではありますが、企業経営の上で必要な複数の保険を、異なる保険会社と契約していると、万が一事故が起こったときには複数の会社に連絡を入れなければならず、たいへんな負担です。

契約を結ぶ時点で、事故が起こったときのことを想定しておくとよいですね。

« 貴社の「労働時間」を見直しましょう | ホーム

このページの先頭へ